車の事故があった場面で自動車事故の被害者のケースでも、事故を起こした人が非をちっとも容認しないという事は多数みられます。ひとつの例として、意図的に起こしてしまったのと違いちょっと気が抜けて相手の車をぶつけられた時などにこうした口論につながってしまう可能性がありえます。例えそうであっても、そのまま自動車だけの交通事故されて、忘れた頃に体の痛みが現われてから、かかった病院の参考になる診断書出すというのは後手に回る事は否定できません。それならば交通事故の過失割合の取り決めにはどんな風な認定基準が設定されているのでしょうか?正しく申し上げますと警察が結論付けるのは、事故の原因が考えられるのはどちらの車かという責任の所在であり、過失の割合というわけではありません。さらに言えば、最終的に決められた事故責任者が教えられる事はという事は有り得ないです。従って、「過失割合」は本人たちの調整により明確にされその事が賠償の算定の根拠になります。この場合、両者共に自動車任意保険に加入していなかった時は、双方が真正面から話し合いすることしかできません。だけど、その話し合いでは、冷静さを失った言い合いになる時が存在します。互いの言い分に隔たりがあれば最悪、裁判にまでなりますが、長い年月と裁判にかかるコストかなりのロスを避ける事ができません。そこで普通は各々の人に付く自動車保険会社、そのように両方の自動車の保険会社に話し合いを委ねる手段を用い、妥当な割合を落ち着いて決めさせるのです。こういった時、保険会社は、以前の事故の事例の結果から算定した基準、判断例等を元に推定とやり取りによって割合を決めます。と言っても、自動車事故の際には、不幸にも関わってしまったのか原因となってしまったのかによらず、とりあえず110番通報するのが重要です。その上で、保険屋さんに連絡して、協議をお願いするのが手順になります。状況に応じた手順さえ把握していれば、当事者同士の無駄な交渉となる状況を回避できるに違いないのです。